名古屋  教員・公務員 うつ病・鬱による休職からの復職 心理的ネグレクト 2

■サイトタイトル■

名古屋  教員・公務員 うつ病・鬱による休職からの復職 心理的ネグレクト 2


「復職プログラムの修了から一週間が経ちました(^-^)v」

公務員(愛知県内) 40代 女性


公務員(愛知県内)の仕事のストレスからうつ病を発症し・・・

2年の休職を経てカウンセリングを通して鬱から立ち直り~



DSC04400 - コピー.JPG




公務員(愛知県内)の仕事のストレスからうつ病を発症し・・・

2年の休職を経てカウンセリングを通して鬱から立ち直ってきたA.Mさん(40代 女性)が職場復帰を目指して2か月の復職プログラムに取り組まれました。

A.Mさんに復職プログラムを修了されてみての感想と復職への注意点等を聴かせていただいたのでご紹介させていただきます☆


ここから

 ↓

~~~~~~~


大岳先生  こんにちは^^


復職プログラムの修了から一週間が経ちました。
復職プログラムを終えての感想が浮かんだので送ります。


復職プログラムをやってみて気付いた事がありました。


自分の仕事への取り組み方に癖があり、
それが鬱になるきっかけを作っていたという事です。


仕事スキルを上げる為に研修に行ったり専門書を読んだりするのは必要な事だけど、


必要以上にやり過ぎてしまったり

周りから頼まれると断れなかったり

他の人が大変そうだと手伝ってしまったり


  ・・・



自分が困った時にヘルプが出せないということも... 。。


プログラム中は、正社員とは立場が違うからと割りきっておとなしくしてましたが、もし復職審査に通り、正規で働く事になっても、この癖に気を付けて、直しながら働いていけたらと思います。


『 今後復職プログラムをされる方へのアドバイスがあるとするとしたらどうでしょうか? 』 (カウンセラー大岳からの質問)



あくまでも自分流のですが、


・ 復職審査に合格する事を目標にしない。ダメもとで課題をこなして行く。


・ ~自分の取扱説明書~
 体調の良くない時に表れる症状、現在できる事とできない事等
 を口頭で構わないから、開始前の打ち合わせで上司に伝えておく。


・ 調子が悪くなった時の避難場所を作ってもらう ~
  結局使うことはなかったですが、しんどかった時に行ける場所があるというだけでも気が楽になりました。


・ 好きな物やリラックスできる物をデスクに置く。私は手触りが好きな膝掛けを持って行きました。


・ 自分へのごほうびを決めておく。課題クリアごとでも、何日頑張ったら...でも好きなように。


・ 一番重要!!  カッコつけない。



ということを意識していくのが大事だと感じました(^^;


以上が復職プログラムを終えてのご報告になります。


ご参考までに☆



    A.M


~~~~~~~



A.Mさん  復職プログラムへの取り組みのコツ
ありがとうございました(^^)。


休職中の方で復職に向けて進んでいかれる方や既に復職されて職場復帰を果たしている方達といろいろシェアできるといいですね☆

今後もよろしくお願い致します。







1458523_800177593382014_4726569568530163178_n.jpg





A.Mさんにはちょこちょこお菓子の差し入れをいただきます。

いつも美味しくいただいております(^^)。
ありがとうございます☆





 ※クライアントさまのご感想・事例は個人の体験談になります。
 カウンセリングで得られる結果には個人差があります。









■メニュー■

運営元

大岳 龍昇
住所:〒450-0001
愛知県名古屋市中村区那古野1-44-17嶋田ビル201

電話:080-6970-1972
営業時間:10:00~22:00
定休日:月曜日